とら吉の本気噛み

  • 2019.08.29 Thursday
  • 23:34

とら吉に本気噛みされました。

 

朝一、いつものように、ご飯催促担当の小梅がやってきて、「おとーさんごはんちょうだい」と顔をじゃりじゃりの舌でペロペロしてきました。

 

 

その日はいつもよりだいぶ早かったので、ちょっと待ってよとなかなか対応せずにいたのですが、寝返りをしてそれまで一緒に寝ていたとら吉に手が当たった途端、右手首をカプッと噛んできました。

 

最初は甘嚙みだったのですが、噛んだままだんだん顎に力を入れて来て、とうとう本気噛みに。

グきっと骨に喰い込む音がしたような気がしました。

 

いつまでも小梅の催促に対応しないことにしびれを切らしたのか、手の当たった場所が気に入らなかったのか、いつも小梅ばっかり可愛がりやがってという気持ちが溢れ出てきたのか、真相はわかりませんけどなかなかの本気噛みでした。

 

 

手首のところに大きな歯型の穴があいてしまいました。

噛んだ瞬間はもちろん激痛が走ったのですが、その後はなんともなく、あー穴が開いちゃったなーくらいに思っていたんですけど、半日くらいしてから、噛まれた場所の周囲がズキズキしてきました。

 

そうこうしているうちに、腫れてきました。

痛い、痛いぞ。

うわ、めっちゃ腫れてる。

 

これはマズいんではないかとネットで検索してみると、猫はほぼ100%がパスツレラ菌というのを持っていて、これが感染してパスツレラ症なるものになることがあるとのこと。

 

そうは言っても病院に行く時間がなかったので仕方なくそのままにしていると、だんだん腫れが引いてきました。

とら吉も菌の注入を手加減していたのかもしれません。

 

その後とらちゃんには、いつも通りやさしく抱っこしてよしよししています。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sponsored Link

ポチっとお願いします

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM